大切にするべき3つの価値判断

頭で考えることを「理性」、心で感じることを「感性」と言いますが、ほとんどの方が理性を物事を判断しています。


こうすべき。こうした方がいい。こっちの方が理にかなってる。あの本に書いていた。


しかし、それはあなたの考えですか?


人は自分で考えているようで、意外と誰かの言葉であったり、本の内容であったり、他者の価値観で物事を考えています。


もちろん自分もその要素は多分にあります。


しかし、その視点で考えれば考えるほど、そもそも自分の考えってなんなんだろう?と疑問に思うことがありました。


誰かの価値観の中で生きるのに窮屈に感じていました。


そんな時、ある方から3つの価値判断を教えてもらったのです。


「好き・嫌い」「正・誤」「損・得」


どれが一番大切な価値観だと思いますか?


例えば、「損得」で判断する人がいるとします。

Aさんと話すと得だけど、Bさんだと時間の無駄だから、Aさんのところに行こう。


そんな人とは付き合いたくないですよね〜


例えば「正誤」で判断する人がいるとします。

朝はパンが正しい、と表現すると、朝はご飯派の人はカチンとくるでしょう。

正誤は、相手に自分の価値観を押し付けてしまいます。

対立が生まれのは「正誤」で判断するからです。

正しさというのは、その人の立場によって変わるので、絶対正しいという答えはありません。


では、「好き嫌い」はどうでしょう。

朝はパンが好きと言ったとしても、ご飯好きの人は「そうなんだね」と機嫌を損ねることはそんなにないかと思います。それは、「好き」という言葉には、自己の判断であって相手に押し付けるものではないからです。


場合によっては「嫌い」と表現して、誤解を生むかもしれませんが、「好き」「嫌い」こそが、その人の「感性」であって、その人らしさ。


自分が感じる「好き・嫌い」だったり、喜怒哀楽を味わって、自分らしい「感性」を大切にできるようになると、「理性」よりの方はちょっとは気が楽になるんじゃないかなーと思います。


自分らしく自分の人生を生きていきましょう!