top of page

「1勝9敗」の精神

こんにちは。

めだかファミリーグループの押川です。


おっしー(おっしーって言われてますw)って色々やってるよね。

ってよく言われますw


確かに様々なことに挑戦して、たくさん失敗してきてて、

何が本業なのか周りからは見えにくいのかなと思いますが、


実は僕らの中では全てがつながっています。


それは、「人の可能性」です。


僕らのミッションには、

「誰もが生まれて死ぬまで安心して過ごせる環境を作ること」

があります。


特に、就労継続支援事業所を運営しているので、

障がいある仲間が50人ほどいますが、

彼らが安心して過ごせるようになるには、


「やりがいのある仕事があること」

「余裕の持てる所得が得られること」

「頑張らなくてもいい居場所があること」

「次のステップ(就職など)へ進めること」


など解決しなければならない課題がたくさんあります。


障がいがあっても十分に活躍できる。


全国の就職率が1%である就労支援事業所において、

僕らは7年間で16人が就職し、

障がいがあっても十分に活躍できることを証明してきました。


就労支援事業所の難しさは、

ただ支援をすればいいのではなく、

一人ひとりに合った仕事や活躍の場を提供すること。


そのために、

様々な仕事を創出し、

企業様と連携を取り、

新たな価値を作っていくことが必要とされます。


既にコンテンツを持っている企業は強みがありますが、

それが障がいあるメンバーにとってベストかはまた別問題。


障害者側・企業側にとってバランス調整が重要です。


またスタッフが働きやすい職場環境の整備もとても重要です。


つまり、スタッフの可能性を最大限生かすこと


自分が独立した理由は、

「働く人が満たされていないのに、よいサービスが提供できるはずがない」

と思ったのがきっかけ。


ならば、自分で作るしかない。


と思い立ち、早くも7年目に突入しました。


様々な出来事や人の入れ替えがありましたが、

皆様のおかげで、

この想いや理念を踏襲する仲間が集まってきています。


たくさんの挑戦してきたからこそ、

たくさんの経験値やノウハウが蓄積され、

然るべき方向が見えてくる。


「1勝9敗」


という言葉は、ユニクロの創業者:柳井生さんの言葉です。


あの柳生さんでさえ、たくさんの失敗を重ね、勝ち取った1勝こそが「ユニクロ」


挑戦しなければ、得られないものが世の中にはあるということです。


僕らめだかファミリーグループは、

人の可能性を信じ、

人の可能性にチャレンジし、

ユニクロのような大企業を目指しています。


どこまでいけるかどうかわかりませんが、

1度きりの人生を仲間と共に

全力で楽しんでいきたいと思います。


皆さんも、自分の可能性を信じ、

ぜひチャレンジを重ねてみてください。


きっとやりがいのある人生になると思います。


#1勝9敗

#就労支援事業所

#めだかファミリーグループ



閲覧数:71回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page